「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2006年11月29日

やっと決心

随分とご無沙汰を致しました。ありさです。

この度、私生活でいろいろと変化がありまして、
これを機会に脱会することに致しました。

ずっと、親が亡くなってから脱会しようと思っていたのですが、
このままなんとなく組織に名前のあるまま何十年というのもイヤですし
気持ち的にもキッパリ縁を切るのが一番良いと思ったからです。
それに非活動という立場でも、まだまだ私が戻ってくると思っている
勘違い会員さんがまわりにたくさんいるので・・・

それにキッパリ脱会してしまった方が、親にも良い気がするのです。
自分の子どもひとりでさえ、幸せに出来なかった人が、
誰か他人を幸せにしてあげられるのでしょうか?

親はそれを心の中で知っています。
だからこそ、私のことをどうにかカムバックさせたいと思っています。
そうすれば学会の暗黙の了解を得られ、
彼らの組織での立場は守られるのです。
いつかカムバックさせると思って、毎日コツコツと・・・
私に題目を送るわけです。
これでも親子なので、送られているのがわかります。

でも私の非活動は、もう今後天地がひっくり返ってもないですし、
けじめをつけたほうが親もあきらめがつくでしょう。
私への題目のために、時間を無駄にもさせてしまいますし。


もうだいぶ心の整理がついたので、冷静に言えますが、
私はもう、「ある一つのことを除いて」全てを許しました。

許したくて、しかたがなかったのです。
許せば、ラクになるんです。
でも苦い経験が、そうはさせませんでした。
それが「一行日記」の期間です。
「許す」という行為・・・
これは学会の中にいるときは、できなかったことです。
生まれてすぐから学会の中にいたということは、
私はこれまで、ずっと許すことを学ばなかったのです。
いつもそばに攻撃対象がありました。絶対に許しませんでした。
攻撃して、疲れました。だから重荷になったのです。

その許せない唯一つのものは「創価学会の存在」です。
もう親個人がどんな迷惑行為をしても、私は冷静に止めます。
なんだかんだ説教はしません。
それは組織のマインドコントロールのたまものだから。
それに対して私情をからめず、第三者的に対処できるようになりました。
ちょっとはオトナになったのか???

学会の存在は、社会を壊します。
政治の状況や公明党の動向、組織のトップダウンでさえ記事になる、
活動家が減っている状況、士気の低下。
そして学会2世以降の、アダルトチルドレン問題。
どこまで問題が出てくれば気が済むのでしょうね。

この間、ちょっと家でムカっときたことがあったので、
「創価学会なんて”創価学会株式会社”じゃん!
池田大作はやり手の社長じゃん!
タダで自分のために働いてくれる従業員がたくさんいて
しかも年に一度は従業員からお年玉もらってんじゃん!」
と口が滑りそうになりました(笑)

ま、私はオトナなので言いませんでしたが、
こんなことを子どもに言われる親ってどうなんでしょうか?
私だったら絶対イヤですね。威厳も何もなし。
こういう親子を作っちゃってる創価学会の幹部様、
あなたのおうちは大丈夫?(笑)


大丈夫なわけないわな!

今後とも一家不和楽のありさ家をよろしくお願いします黒ハート
posted by ありさ at 15:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。