「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2006年08月14日

母の失言

ここのところ、終戦記念日が近いということもあって
テレビでも戦争関連の番組ばかりです。
昨日は母と昼ごはんを食べながら、原爆のニュースを見ていました。

アメリカに行き、原爆の恐ろしさをスピーチした広島の男性。
スピーチした場所では当時の写真などが展示されていました。
そこには訪れた人みんなが思い思いに言葉を残せる、カードがありました。
小さな男の子がカードに、「Peace(ピース)」と書き、
それを網のようなところにかけて、展示していました。

テレビ:
「スピーチが終わった後は、アメリカ人の参加者のスタンディングオベーション、
小さな子供にも主旨が伝わったようでした。」

母:「”ぴーす”ってどういう意味???」

私:「・・・」


世界平和を目指す人には是非知っておいて頂きたかったです・・・
posted by ありさ at 19:26| 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。