「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2007年02月19日

最近のありさ家

ここのところ、うちで会合ばっかやってるなと思ったら、
地区の別拠点の家の人でなんでも大病を患った人がいたらしく
うちが一手に代替拠点を引き受けたらしい。

幸い私も最近は忙しくしているので会合時間に家に居ませんが
こうもまた会合が増えてくると、いきなり違う家の臭いがしたり、
オヤジの臭い靴下のニオイがしたり、
トイレットペーパーの消費がすごかったり、
玄関が異常に汚くなっていたり。
人に家を開放するってこういうことです。

母なんかは「使ってくれてありがたい」と思っている様ですが
それは母が盲信だからで、他の家族メンバーにはあまり関係ありません。
ああ、またか・・・またやってたのか・・・と、
帰ってきて家の違う臭いで私は軽いストレスを感じるのです。

先日、どうしても許せない臭いがしました。
男性の整髪料です。とってもキツイやつ。
この整髪料はあの本部長かぁぁぁ!と臭いで判別できました。
姿がなくても、誰が来ていたか一嗅瞭然。
会合をやってる時間だけ、貸してもらうわけではないんですね。
こんな吐きそうな残り香(残り臭?)も考慮して頂きたい。



そういえば昨日だか今日だかの聖教新聞、
ニューヨークの名門大学でガンジー・キング・イケダについての
講義が始まったとか?

というか、ニューヨークの名門大学は、コロンビア大学です。
日本で言えば東大くらい?
で、その下の早慶レベルで、NYU。
日東駒専で州立大学くらいかな。
だから名前も知らない何とかっていう大学は、
それ以下だと思うのですが。
posted by ありさ at 17:28| 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。