「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2007年02月27日

親と自分の狭間で

私にもあった「学会と少し距離を置いてみた」期間。
なんかちょっと違うよな、私はいったい何をしているんだろう…
などなど、疑問を持ちながら自分の振る舞いを感がえ始めた頃。

ずっと親は学会。それが正しいと教えられてきた。
でも社会は学会に冷たい。学会って本当にいいことしてるの?
いいことしてるはずなのになんで冷たいの?
子供の面倒を見ない親ってどうなのよ?
学会員は社会の手本になれ、実証を示せみたいなことを言われるけど
それが社会の模範になんてならないんじゃない?
などなど、様々な葛藤を続けました。

親子にはそれまで培ってきた時間も、血のつながりもあります。
だから自分が違うと思ったから、という理由でそれを手放すというのは
とても大変な努力を伴う作業なのです。
それは親がお箸の使い方を子供に教えたり、服の着方を教えたりするようなものくらいに
ごくごく当たり前に学会が身近にあるのです。
どうそれを避けようか、と考えるとほぼ無理に近いほどに
学会がいつも隣り合わせ。信心即生活とは良く言ったもの。
(信心というか学会即生活だけどね)
親は学会漬けですから、やっぱり子供は放りだされるわけで、
ろくに面倒も見ないくせになんで子供が愚痴聞いたり
ご飯無くてお腹空かせたりと、とばっちり食うわけ?と
ごく普通の人ならそう思うでしょう。

ここで「お父さんもお母さんも頑張ってるのだから自分も我慢!」
などと思う子供も、いたらすごいです。
自分を犠牲にしているので、のちのち病気になりそうです。
私が実際、そうでしたし。
他人に不信とか、そういう簡単なレベルではなくて、
もうそういう環境でバカなことをしてしまった自分に対して
不信感を持つと言う、最低最悪レベルです。

他人に文句を言えるうちは、まだ花です。
本当に自分が弱ると、文句を言う気力もなくなるし、
息をして生きていくのがやっとです。


前にも書きましたが、まだまだ一部男子部などでは
血尿が出るまで活動しろとかあるようで、
疲れても学会活動をするのがある種の美学です。
それで本格的に身体を壊す人も結構いるようです。
体からガタがきて、やっと我に返るという人もいるのではないでしょうか?

もし祈ることで自分が救われる気がするのなら、
私は祈ってもかまわないと思います。
信仰は狂った方向に行かなければ、とても安らぐことができます。
経文などを唱えて心地よく、自分を見つめられるのなら
それはそれでありがたいと思います。
ただ、自分を壊すようなことはやめてもらいたい。
長時間の会合、無駄な集会や選挙活動、新聞啓蒙のプレッシャーなど
自分のペースを崩されるものには、やはりきちんと対処すべきです。

そういった学会と自我との境界線に入るときは、とても精神が疲れているので、
何か突破口を開こうと思いがちですが、
私自身はほとんどショック療法でしたが、
なるべく少しずつ自我の部分をふやしていったらいいと思います。

自分が行っていることは何も悪くない、
自分が思う方向に行くのは自分の権利である、と
少しずつ感じていき、最後に自分の自由な道を歩み始めるのが一番です。

もし本人が精神的にダメージを受けながらも
自分のマインドコントロール状態に気がついていないのであれば
ネットで関連サイトを見せるのも一つの方法です。
実際、私のところに訪れて下さった多くの人が
ネットの真実の声を読んで目覚めました。
一行日記は少々気性が荒いページですので(^-^;
以下のページなどを読んでもらうのはいかがでしょうか?

私のカルト体験
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/4549/watasi01.html

カルトからの脱会・心のケアのHP
http://www2.ocn.ne.jp/~mind123c/

境界例と自己愛の障害からの回復
http://homepage1.nifty.com/eggs/index.html

一行日記のリンク <心理/トラウマなど>にまだたくさんありますので
吟味してみて下さい。

書籍でしたら、斉藤学著のものがよいかと思います。
スーザン・フォワードの「毒になる親」もおすすめです。


>hastaさん

本当の幸せは、家族が家族であり、温かい場所に自分がいることです。
話を聞いたり、または聞いてくれたり、そういうことが普通に出来る場所です。
私が思う本当の幸せは、家族が家族であるということです。
ごく普通のことです。

幸せがわからないというのは、私も経験しました。
女子部のおねえさんに「一度も幸せだと思ったことが無い」と言ったら
「へーえ!かわいそう!」といわれたこともあります。
そのおねえさんはきっと、本当の幸せを知らず、
池田門下として身も心も捨てるのが幸せなのだと思います。

でも幸せは自分が気がつけば、見つけることができます!
彼はパートナーがこんなにも真剣に考えてくれることを幸せと思うかもしれないですし
そして一番重要なのは、hastaさんが彼のことを真剣に考えていることです。
私の言う幸せとhastaさんが考える幸せは、もしかしたら違うかもしれないですが
(私は同じものだと信じています)
幸せを知らない彼に本当の幸せを教えてあげて下さい。
気負わず、普通の暮らしでいいと思います。
思いやりをもって、会話があって、相手を信頼して、
相談に乗ったり、おいしいご飯があったり、
そういうことでいいと思います。
ちなみに昔のありさ家には、会話もないし(不在なので)、
ご飯もなけりゃ、音信もない(汗)

当分の間は、ご両親と接触を持たない方がいいと思います。
冷却期間を取って、その間に心地よい生活をさせてあげてください。
posted by ありさ at 12:23| Comment(10) | ご相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事拝見しました。
ありがとうございます、思わずじーんとして涙が出そうになりました。そして独りで彼を支えなきゃ、と思っていた心が少し楽になりました、ありがとうございます。

彼は今も私に真顔で「幸せって何かわからない。何をすると人は幸せを感じるのかわからないよ、今こうやってhastaといても、それはほんの一瞬でまたたくさんの辛いことが待っている」と言います。

私は、彼の母親に愛することを教えなかった彼にとっての祖父母(この二人が倒産して、学会活動スタート)に憤りを感じるとともに、彼の母が今でも祖父母を憎みながらも筋金入りの活動家であること、その全ての根本を作り出したこの組織に対して言いようのない怒りを感じてしまいます。

とにかく今週末に家の近くに斉藤先生のクリニックがあるので二人でいく予定です。

彼は言います、「この病気を治して、自分の家族は普通に幸せな家族にしたい」と。
その一方で彼が治りたいと真剣にSOSを出しているにも係わらず、「お題目していれば不安も吹き飛ぶよ」としか言えない彼の母のことも本当に悲しくなります。子供を愛することはそんなことぢゃない、側にいて飽きるくらい一緒にいてあげて、抱きしめてあげて、そういうことですよね。

ありささんのHPのご意見を見ていると私が思う幸せはきっと近いと、思っています♪
とにかくしばらく距離を置くよう相談し、少しずつ彼の置かれた状況を把握してもらえるよう、ありささんからのアドバイスや参考URLを二人で見てみるようにします。

またご迷惑でなければ状況ご報告します!
とにかく、心のこもったメッセージありがとうございました。
Posted by hastta at 2007年02月27日 16:13
>hasttaさん

少しでも先を見出せたようで良かったです!
精神科や心療内科といったところは、
なんとなく足が遠のいてしまうという人が多いと思うのですが、
弱っている人が生きるために必要だからこそそこにある学問ですので、
ただ生きるための問題を解決するために行って下さい。
使えると思われるものはどんどん使って下さい。

そして一番大切なのはhasttaさんの優しさですから
いつもただそばにいるだけでいいので、
何かあったら一緒に問題解決をしてあげて下さい。

このお返事からすると、お母さんも愛情を受けて育っていないので
自分の子供にどうやって愛を注いだらいいのかわからないのですね。
そういう人には格好の逃げ場が学会です。
学会は家族を大切にだとか、親を大切にだとか言いますが
家族を放り出してまで活動するようになる人も少なくなく、
言っている事とやっていることが矛盾しています。

たとえとても小さくても本当の愛情があれば
それをかてに人間は生きていくことができます。
悲しいですがお母さんは小さくても愛情を与えられなかったわけです。
でも今はhasttaさんがいらっしゃるので、彼は幸せではないでしょうか。

典型的なアダルトチルドレン状態だとおもうのですが、
私もなんとか自力で生きていられるようになったので
彼もきっと大丈夫ですよ!
Posted by ありさ at 2007年03月02日 16:43
はじめまして。
ほしのと申します。
学会2世です。
ありささんのブログ、発見して1ヶ月くらいでしょうか。
一行日記も今読んでいます。

わたしも活動に疑問を持ち、会合に行こうとすると吐き気や動悸がおさまらず、悩んでいました。(います?かな)
幸いにもうちの両親は妄信的な会員ではないので
体調が一番だから休めと優しい言葉をかけてくれました。
なんでも自分のペースでしないとつぶれる、と。

実は3月からブログを開設しました。

ありささんのブログ、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

Posted by ほしの at 2007年03月05日 13:15
ありささん、
お返事ありがとうございました!
先週末心療内科へ行って来ました。
そして医師から伝えられたのは
「まずはうつ病治療が大前提です、その先にACや境界例と言った可能性が残るか否かは現時点では言えません。まずうつ病の症状を投薬で治すことをして下さい」でした。

本人は「うつ病だったんだ」と一応受け止めているようですが、診察結果からすると相当期間うつ病だったと推測できると言われました。
なんと10年!!!!
10年以上も一緒にいる親が全く気がつかずにいたことがすごいなと改めてMCされている人たちは家族の健康状態すら見えなくなるんだと恐ろしくなりました。

とにかく小さいけれど大きな一歩でうつ病の治療からスタートです。
またちょくちょく遊びに来ますね♪
Posted by hasta at 2007年03月05日 14:55
>ほしのさん

こんにちは!お越しくださりありがとうございます!
リンクの件、OKです。こちらからもリンクさせていただきますね。

少しブログを拝見させて頂いたところ、ほしのさんも私に負けず劣らずバリ会員だった模様(^-^;
いろいろと考えるところがあるかと思いますが、
忘れてもいいことは時が勝手に忘れさせてくれるので、
大きくかまえて非活ライフを楽しみましょう!

外の世界にはたーくさんの楽しいことがあります。
大切な彼にちゃんとついていってね。
これからの人生を楽しんでくださいね!


>hastaさん

病院へ行かれたのですね。歩んだ一歩に拍手です!
そう考えてみると、私ももしかしたら5年くらいは鬱だったのかもしれません。。。(汗)

何がイヤだなとか、これは間違ってると自問自答していたときは
絶対に鬱だったと思います。
そして会合でちょっと志気に乗せられてしまうようなことがあると
やたらと意気揚々としてきちゃって
その時はいわゆる「躁状態」。
躁と鬱の繰り返しです。精神状態異常ですね。

学会では学会の中で悩むこと(はたから見れば鬱っぽい)は
人間革命(人間としての成長?みたいな感じ)だと言われて
更に活動が必要だとふっかけてきます。
精神が疲れてる人に更に活動をさせるので、これが精神を壊す原因です。

これから彼にはゆっくり治療に専念することが必要だと思います。
また遊びに来て下さいね〜!
Posted by ありさ at 2007年03月05日 15:26
>ありささん
リンク、ありがとうございました^^
>外の世界にはたーくさんの楽しいことがあります。
そうですね。
部長時代は遊んだり恋愛ももちろんしたりと
そこまでバリ活でもなかったように思っていましたが
本部長になって一気にきちゃいました。
>大切な彼にちゃんとついていってね。
大きな支えです。こういうのって今までなかったです。
>これからの人生を楽しんでくださいね!
ありがとうございます!
ありささんも!
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ほしの at 2007年03月06日 13:00
ありささん、こんにちは。

先週末も心療内科へ彼と共に行って来ました。
まだまだ、抗うつ薬の効果は現れず、今は抗不安薬の成分が効いていることで、日中すこし症状が改善されたのでは?とのことでした。

しかし・・・・予測していなかった事態が起きました。

病院治療の経過を彼のご両親に彼がメールで土曜日に説明しました。
引き続き、両親からのメールでは「祈れば云々、聖教読むと元気が出る」等々だったので、彼が
「それらは全てプレッシャーだし、脅迫されているから、そういう類のメールや電話ならしてこないで欲しい」と言っていたので、それにしびれをきらした両親が日曜日にこっそり彼のもとにやってきました。

これって、不意打ち大作戦・・・・

しかも、私彼のご両親には今まで一度も会ったことがありませんでした。

突然すぎたので一旦私は帰宅。

夜彼から電話があって、彼の両親は私にかなり好印象だったとの主旨の電話がありました。

でも、私からすると折伏にぴったりのいいこ!と言う意味に捉えられたのか?とかどうも疑いばかりがふつふつしてきます。

私自身病気の治っていない彼と今すぐ結婚等全く考えられないので、結構ショックでした。

この両親の行動こそ、まさしく学会名物の不意打ちなのでしょうか???

突然の来訪とかって今の彼にとって全然+ではないと思うのですが、相手への本当の思いやりよりも、新設の押し付けを売りにする彼らからするとこの行動は極めてノーマルなことなのでしょうか・・・・

かなり衝撃でした。。
Posted by hasta at 2007年03月12日 17:30
私は、2世だったのですが、2年前(35歳)に脱会届を出して、正式に退会しました。

はっきり言って、学会に所属していた時より、すごく幸せです。退転者云々罰云々は、洗脳(マインドコントロール)です。

私の後輩(学会員)が、うつ病になり、非活動員になりましたが、数年して回復しました。うつ病は、活動を無理に学会員がさせたからと思われます。

脱会報告お待ちしてます。
Posted by ラフ at 2007年03月13日 00:29
>hastaさん

その不意打ちは、学会ではごく普通のことです。
というのも、事前に約束をすると逃げられてしまうから。
だいたいいつ頃家にいるの?などとさぐりを入れながらも、いつ家庭訪問するとは、なかなか約束はしません。
9割以上は突撃だと思ってかまわないと思います。

確かに、「折伏するのに向いているお嬢さん」と見られているかもしれません。
彼の状況を把握している今、hastaさんは学会の真実を見ているのですから、
折伏などには屈しないと思いますが、
でもそういう対象に見られるのはたまらないですよね。
いまご両親の頭の中には「折伏1!」の数字が浮かんでいるかも。
そしてhastaさんの名前が書かれた紙が仏壇に乗っているかもしれません。
学会員はなんでもかんでも紙に書いて、仏壇に供えます。

学会での常識は、社会の非常識です。
これを常に頭に入れて、相手の気持ちを読んでください。
こんなこと慣れたくもないと思いますが、周りに学会員の知り合いを持つということはこういうことです。
ひとつひとつに頭にきていたらhastaさんの身が持たなくなってしまうので
ここは大人になって、うまく対応してください。

また何かあったら書き込んで下さいね。
Posted by ありさ at 2007年03月13日 14:28
>ラフさん

書き込みありがとうございます。
無事脱会が完了しましたらご報告差し上げる予定です。
これにこりずまたお越し下さいませ。
Posted by ありさ at 2007年03月13日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。