「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2007年04月16日

信濃町にはもう行かない

友達と青山でフレンチを食べることにしたので
場所を確認するために地図で確認。

すると・・・青山が信濃町に近いことを思い出した。

少しの間、女子部の間では本部から帰る時に信濃町を通り越して
青山一丁目まで歩いてオサレな散歩を楽しむ、みたいなのが流行った。

今から考えてみれば、青山は流行の先端と言っても過言でないわけで、
そこを時代錯誤のピンクやらブルーやらイエローな人がゾロゾロと団体で歩いていたら
端から見てとってもキショかったに違いない。

もう私は同時中継とか見に行かないし、今の状態はわからないけれど
今でも女子部の皆さんは
「池田先生の大好きなパステルのスーツ」を着て
「池田先生の大好きな黒髪のショートヘア」で
幹部会に出席しているのだろうか。。。


今はもう「信濃町」という言葉を聞いてもアレルギーを起こしませんが
どんな病気でも慶応病院だけには行かないと決めています。
posted by ありさ at 16:50| Comment(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。