「一行日記 *二冊目*」へようこそ。

 盲信・母に、まだ創価に片足を突っ込んでいる父。嫁に出た非活動・妹。
 まだまだ創価に囲まれっぱなしですが、それでも毎日生きてます。


 <このブログの更新は2007年5月31日をもって終了致しました。>
 長い間どうもありがとうございました。

2007年05月17日

ブログ更新中止のお知らせ

長い間お世話になっておりました「一行日記」「一行日記*二冊目」を
2007年5月末をもって、更新を中止させて頂くことに致しました。
メールやコメントを下さった方、どうもありがとうございました。

尚、同時にご相談も終了させて頂きます。
それまではメール、コメント共に責任を持って対応させて頂きます。
二冊目についてはもう更新はございませんが、一行日記につきましてはリンクの管理は継続させて頂く予定です。

長い間お越し下さいましてありがとうございました。
皆様の創価問題が一日も早く解決されます様、心よりお祈り致しております。
posted by ありさ at 12:21| Comment(7) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありささん、ブログ中止なさるのですね。
一行日記に出合えた事、本当に感謝しています。私の人生を変えてくれたブログでした。
 ありささんに相談させて頂き、励まされ、勇気を頂きました。本当に感謝しています。
 これからも、母が学会にいる以上、創価を忘れる事は出来ないかもしれません。でも、何も考えなくて良くなる日が来るように、努力していきます。

 ありささんと、もう話せないかと思うと寂しいですが、お体気をつけて、楽しい人生を歩んでください。
 本当に、ありがとうございました。
Posted by ミルク at 2007年05月17日 17:49
ありささん、残念ですが。。。
感謝しています!本当に。
ミルクさん同様、ありささんのおかげで自分の人生にきちんと向き合うことができるようになりました。
これからどうなっていくのかは分かりませんがしっかり生きていきたいと思っています。
出会えてよかったです。
お体に気をつけてくださいねー!ありがとうございました。
Posted by ほしの at 2007年05月17日 23:20
「創価学会放棄宣言」のおもいやりのこころです。

「放棄宣言」の閉鎖に伴い、温かいおことばをいただき本当にありがとうございました。

私の勝手な思い込みですが、私にとってありささんは「良き理解者」であり「師」でした。幾度となくメッセ等でいただいたことばに、いつも救われた気分でした。

最後の最後でも、本当に気持ちをわかっていただいたと思ったとき、私は涙が止まりませんでした。

心から感謝いたします。
そして、今まで本当にありがとうございました。

ありささんの未来がすばらしきものになります様、心から祈念しております。

さようなら
Posted by おもいやりのこころ at 2007年05月21日 23:21
>ミルクさん

創価の毒はなかなか手ごわいですが、もうミルクさんの心の中には確固たる進むべき道、考えるべき事柄が全て明らかになっているはず。だからどうにかして忘れようなんていう真面目な努力なんてせずに、もう迷わず、創価の事なんて笑い飛ばして、毎日をミルクさんらしく、ミルクさんしか歩めない道を歩み、楽しく過ごされてくださいね。

>ほしのさん

辛いこともあると思いますが、自分がそれを辛い課題と思うか思わないかで、この先の道が分かれます。辛いけれど、それを乗り越えられるほしのさんだからこそに与えられた課題です。創価は諸悪の根源ですが、やみくもに創価のせいにし、自分で消化できる気持ちなのかを判断するのを忘れてしまっては、相手の思うつぼです。自分を確実に見つめながら、目の前の課題に取り組んでいって下さい。創価は幸せをくれませんが、自分は自分に幸せの基準を作って与えることができます。自分を忘れず、前を向いて進まれて下さい。

>おもいやりのこころさん

おもいやりさんとの出会いは私の思い出の中でも強く印象に残っております。とても一途でまっすぐな、誠実という名札をつけていらっしゃるような方でした。また、おもいやりさんの創価問題救済に於いての行動はとても潔くて、放棄宣言では誰もが納得のいく言葉で信条を訴えられていました。時期を同じくしてネットから引退することになってしまいましたが、それはお互いにもう一段階深い思いや行動を起こす時期にきたのだと思います。本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。
Posted by ありさ at 2007年05月22日 17:15
ありささん 寂しいなぁ。おもいやりのこころさん、ありささん 私たちって とても似ていますね。^^

アナウンスはしませんでしたが、私もblog更新は お休みしようと思っていました。但し、政治的な大事件があった時は 更新するかもしれません。

ひとつの 時代が終わった気が致します。
私たちは もう 苦しむだけ苦しみました。
そろそろ、自分の幸せを見つめても良い時ですね。創価学会に向き合うこと、それは異常な苦しさです。尋常な神経では持ちません。

ありささんや おもいやりのこころさんの姿勢、インターネットでの在り方、学ぶことが多々ありました。
これから その行動に学べないのかと思うと、取り残されたさみしさが つのります。

結婚や子育て、女性としての先輩として 私のメールアドレスはいつでも ありささんと繋がっています。気軽に何でもメールして下さいね。
本当でしたら、ありささんは もう創価問題から卒業されたと思っていました。今 まだ とどまって頂いたのは、私への そして創価学会に苦しんでいる方々への最後のエールだと受け止めています。

みんな 創価学会の外で精一杯 幸せになりましょうね。(このコメントのレスは 必要ありません)
それでは いつの日か(すぐ近くでも良いですけれど)幸せ自慢し合いましょう。^^ 
Posted by free at 2007年05月24日 22:29
はじめまして!読まさせていただきました。やめてしまうんですか なんか、とても残念です。ありがとうです。
Posted by ともき at 2007年05月31日 09:21
>freeさん

freeさんにはとてもお世話になりました。私にとってはお姉さんのような存在でした。
この世からいなくなるわけではないので、これからもよろしくお願い致します<(_ _)>

freeさんも、そう思われましたか。一時代の終わりという感じですね。私たちが居たからこそ、新しく訴える人が出にくかったのかもしれません。悩みましたし、泣きましたし、嫌な思いもしましたし、ネットもリアルとさほど変わらず、いろいろな経験をしました。もうそろそろ、手放さないといけないですね。そこにはもう、私たちの伝え続けるべきと思う責任はもう無いと思います。もうすでに沢山の人に、自分の思うところは伝わっていると感じます。

また是非個人的にお付き合いさせてください。よろしくお願い致します!


>ともきさん

お越し下さりありがとうございます。
やめてしまいますが、当分このブログは残ります。どれも私の分身です。もし何か嫌なことが起こったら、ここに同じような経験をしている人が沢山いることを糧にして、前に進まれてください。
Posted by ありさ at 2007年05月31日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。